2017年8月18日 (金)

深夜から降っていた雨も

お昼ころから止み、曇り空から

時折の晴れ間sun気温の少し上昇

久しぶりの青空になりましたhappy01

どことなく秋の空の気配を感じるのですがcatface

気持ちイイですconfident太陽ってsunありがたいですwink

・・・この晴れ間を待っていたかのように

どこからともなく・・蝉の声

例年だと蝉の声は一層暑さを増幅させるような

気がして耳障りだったのですが(≧ヘ≦)

今年はなんだか蝉が可愛そうで・・(u_u。)

ジーッジーッ・・・・チッチッジージー

これは何日目の蝉なのだろうか(゚ー゚;

ガンバレ~夏の昆虫たちsign03

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜

さてさて・・こちらnote

カワイらしい お客さまが玄関先で一休み

ワンコだと思ったら

Bjpg_2

ニャンコでしたheart04

スコティッシュフォールドのシロくんheart02イケメン~heart01

A_2

何を見つめていたのでしょうか?happy02



(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

2017年8月17日 (木)

鯵ヶ沢町白八幡宮大祭

東京はずっと雨rainと、ニュースでやってますsweat02

こちらは8月の雨量が例年よりかなり少なくてsweat01

そんな今日は恵の雨の日ですよrain

10

そんでも、三味線は湿りませんよgoodガンガンですnote

11

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

さて昨日、鯵ヶ沢町の300年以上続く京祭り・・・
    「白八幡宮大祭」に行ってきましたヽ(´▽`)/

午後でしたので、御神輿渡御・山車(やま)合同運行です!
まずは、御神輿渡御・・・

12

綺麗な衣装をまとい・・・

21

300ⅿはあったでしょうか、延々と続く行列

22

神輿の担ぎ手は神様に息が当たらぬよう口抑えをしてます

漁師の町・北前船の港、その安全と富を願う神聖な祭り

23

この祭りは4年に一回ですが、昔は隔年だったそうです

 

渡御行列の後は、町内の山車運行です

運行順です、ご覧下さい

24

   25

26

   27

28

   29

30

(右下に※印の三町内さんですが、山車人形の製作者が

 彫刻家・森英之進だと判明したのが数年前です、

 英之進は、明治末に太宰治記念館の欄間を製作した

 方です)

祭りは北前船が運んだ京文化が、色濃く続いてましたhappy01

感動しましたo(*^▽^*)o   いいでば~

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

2017年8月16日 (水)

もう、秋ですか?

まだ、灯籠流しも終わらないのに、、、、天気予報では夏日なのに、、、涼しいのですsaddown

ピューピュー風の音が、心にしみる。、、、なんて感傷にひたってみました。

津軽三味線の演奏を聴いて、ホールから出て来られたお客様(男性の方)が、はんかちで目

のあたりを押さえていたんです。えっ、もしかして暑かったのかなと思ったら、{ いやーよかっ

たー、感動した、三味線大好きなんですよhappy01 }と涙を流して喜んで下さいました。

本日の演奏者の福士豊勝さん、豊加さんにもお伝えしようと思いますnotehappy01

2017年8月15日 (火)

邦楽界では常識らしい・・・

8月号の「邦楽ジャーナル」にclub

邦楽用語きほんのきというコラムがありますeye

三味線会館にいるものの邦楽についてはまったく無知sign02

ネタ探しに読んでみました・・・おっ!聞いた事ある・・・pen

『六段の調』って聞いた事あるぞ~fuji

そうそう、、、、正月に良くかかってる曲note

なになに、、、、この作曲者として中学の教科書にも載っている?????sweat02

んんんん、、、、まったく知りませんでした(*´Д`*)

さてさて、、、、近世筝曲の祖八橋検校(やつはしけんぎょう)flair

やつはしというとこっちですよね京都の御土産ベスト3に入りそうなbullettrain

ハッカがきいた皮にあんこを包んだ三角の「おたべ」sweat01(゚Д゚)ハァ?

んでなぐ、、、、「八つ橋」の方・・・・;:゙;`(゚∀゚)`;:゙scissors


はいはい、、、、さてこちら八橋検校という人いわき市出身という説あり
          
 検校という名前からも分かるように盲人でありました。

 当道に入り、若くして大阪で三味線の名手として名を馳せていたという文献があるようです。

 ところが、江戸に出て筑紫流箏曲と出会い、琴糸商を商っていた法水の弟子になり、

 盲人には教えないとされていた芸を八橋に伝えたことが、箏曲史を大きく変えた。

 
八橋がおこなった改革
     ① 楽器、爪を独奏用に改作
     ② 演奏技法「右手十七法 左手八法」を制定
     ③ 平調子を考案
     ④ 作曲「六段の調」「八段の調」「乱」、組歌「八橋十三組」

中でも現在の基本調弦である平調子の考案が特に大きな功績となった。

当時江戸では雅楽の音階を用いていたが、人々に受けなかったため、

都節音階を用いた‘耳に心地よい‘新しい調弦を作ってしまった。

これはたいへんに革命的なことで、彼は柔軟な思考の持ち主であったと思う。

                                   釣谷真弓著



なんと、津軽三味線始祖秋元仁太坊も盲人でしたannoy

箏曲の祖と言われる八橋検校も盲人であったとはspade

邦楽は盲人たちが命がけで作り上げてきた芸であったといっても過言ではないのだsmile







 

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

2017年8月14日 (月)

今の時期

お盆の県内は、有名な祭りが目白押し!

先ずは、明日から黒石よされは日本三大ながし踊りの一つ
三味線演奏者もよく演奏する演目ですよ

そして、今日から鯵ヶ沢町白八幡宮大祭です!
300年以上続く、津軽唯一の京祭りです!
今は4年に1回の開催なので、貴重な機会だよ~

という時でも、毎日生演奏の会館でございます・・・

11

ぜひ、ご来館下さいませ(* ̄ー ̄*)

さあてこの時期、青森県の観光業界は教育旅行の
営業活動が活発なんですよhappy02


その営業ツ-ルのひとつがこちら

12

教育旅行ガイドブックですよ

13

こちらの奥津軽エリアの受入れ体制をアッピール!

14

◎文学を学ぶでは、太宰治記念館を・・・

15

◎伝統芸能を学ぶでは、・津軽三味線会館を
 紹介しています(o^-^o)

 

会館は、展示資料館として、生演奏の観賞場として、
三味線体験の場として、紹介しています(*゚▽゚)ノ

16

体験は、教育旅行だけでなく、どなたでもお申込みOKです

楽しい体験です! やってみませんか!!  ぜひ!!!


(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

2017年8月13日 (日)

お盆です

お盆です
さすがに、マイカーいっぱいですcarrvcar

11

大型バス用の駐車場も今日はマイカー用に・・・
だ、大丈夫か?バス来たら出られなくなる?
安心して下さい!駐車場整理係がおりますよgood

生演奏は初回からバリバリ全開モードで・・・
じょんがらの共演は圧巻です(◎´∀`)ノ

12

さらに今日は日曜日ですので、唄が付きましたよnote

13

20分の演奏のトリ1曲を福士万喜子さんが唄い締めますnote
今日は津軽あいや節や、おはら節など披露してくれましたsign01
万喜子さんは第61代青森県民謡王座を獲った方だよ~

お盆です
一昨日の市役所金木支所駐車場でのビッグイメントです
「Bon de フェスタ2017」=盆踊りだよ~

18

19

20

今ね、盆踊りをやっている地域が少なくなりましたよね
金木は、やってますpunch

前半は芸能発表会です、これがまたスゴいgood

もちろん金木ですので、お約束のように金木高校さんの
津軽三味線演奏で幕開けします

14

15

お客様もいっぱいでした
幼稚園さんの鼓笛隊や、嘉瀬の奴踊りの披露だったりと
金木町の芸能発表は事欠かないんですが・・・

今回も感動させてもらったのが、金木中学校吹奏楽部さんnote
その実力は県大会優勝、そして東北大会に出場しま~す

17

16

会場中のお客様も、この演奏を心から楽しんでましたよ!

なによりも、生徒さんが一番楽しそうで伝わってきましたよhappy01


(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

2017年8月12日 (土)

8月12日雨の日でスタート

Img_7358_2

  今日は朝早い時間から雨降りになりました。rain cloud rain

Img_7359_2

  明日はお盆の13日なので 天気も雨を降らせ道路を綺麗にしたかもねrainsun

Img_7360_2

  本日の演奏者は 津軽三味線 まんじ流 家元 工藤まんじさん・まんじ祥子さん

 でした。お二人とも 息がピッタリでheart01sun お客様から大きな拍手を頂きありがとう

 ございました。  

Img_7363_2

  今日の津軽三味線会館の駐車場は、マイカーの車が多かったです。rvcar car

 明日もみなさんの ご来館をお待ちしてます。rvcar bullettrain bus sun



(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

2017年8月11日 (金)

山の日

今日は、ちょと肌寒い感じの日です。台風も去っていき、ここ2、3日はこんな天気ですね。typhoon

三味線会館も、毎日お客様がいっぱい来て頂きありがとうございます。happy01

夏休みでもあるので子供達の姿も多くみられます。良いことですね。note

大人から子供まで幅広く津軽三味線を聞いて頂いています。eye

三味線会館では、お土産もいろいろございます。note

Img_73531jpg3

またオリジナルのTシャツもご用意してます。(色々な色があります)

Img_73551jpg2

今日は山の日でもあります。三味線会館から出発の「ゆったどあさくべ」の

奥津軽トレイルがありました。

Img_73571jpg1_2

                                    

                                                         ⤴

                                     この葉はクロモジの

                                      葉だそうです。

栗を見ると、秋もすぐそこまできていますね。sign03 

秋といえば、食欲の秋、読書の秋、そして自分の体力に合わせて山歩きのrun

奥津軽トレイルに参加するのもいいのではないでしょうか。club

皆様のご参加をお待ちしてます---------happy01happy01

 

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

         

2017年8月10日 (木)

津軽甚句=逸子踊り

お盆も近くなりました~

そろそろあちらこちらで、盆踊りなど催されているようですね。

不思議に思うのは、「○○大会」。競って賞をもらうなら大会

でもいいのですが、ただカラオケを歌っているだけなのに

カラオケ大会、みんなで盆踊りを楽しんで踊っているだけなのに

盆踊り大会・・・

実は、私共のイベントもそうでした。餅をついて振舞っているだけ

なのに「もちつき大会」coldsweats01 違うよね~ 

んで、私たちはいつしか「もちつき会」に変更しました。

いやいや話が脱線してしまいスミマセン。


盆踊りには、ご当地ソング(金木には、金木小唄、新金木音頭とか)が

いろいろあるのですが、踊り方は、いったいどうなのでしょうか。

津軽甚句(どだればぢ)は、この辺では「逸子踊り」として知られていたようです。

これは古い唄い手さんに教えてもらいました。

盆踊りは、どんな曲がかかってもこの「逸子踊り」がどれにでもマッチしてしまうので、

皆さんこぞって踊ってます。そして観察してみてください。

「逸子踊り」の本場、嘉瀬地区の踊り手さんの上手いこと 上手いこと ・・・

明日は、金木総合支所駐車場において、Bon de  フェスタが開催されます。

ぜひ踊りに行きましょうね~。

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
http://www.kanagi-gc.net

Check

2017年8月 9日 (水)

津軽あいや節

津軽5大民謡のなかに「津軽あいや節」が含まれるのですが、

これだけは津軽発祥の民謡ではなく、九州熊本の天草に伝わる

「牛深ハイヤ節」が元唄ではないかと言われているそうです。

南から吹く風のことを南風(ハエ)というらしく、南風が吹くと

いよいよ船が出せると喜んで唄ったのがハイヤ節だったようです。

北前船の船乗りたちによって、様々な港に持ち込まれ、曲調も

変わっていったそうです。

アイヤ~というのは、ハイヤの訛りという説もあるようです。

曲調も変わってきたのですから北へ進むにつれて訛りが交じっても

おかしくはないですね。

津軽あいや節には、祝いの席で唄われる華やかな曲調と

半音下げて哀愁をおびた弾き方もあるそうです。

本日の演奏者も2種類の奏法で弾いてくれました。

Img_7351_2

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

«まつり最終日