« 我が町 | トップページ | イルミ準備報告 »

2017年1月26日 (木)

風土

 1月に入ってから、太陽に照らされた雪が、
眩しく感じられます。
1月下旬にしては、降雪量はそれ程でもなく、
降っては融け、降っては融けを繰り返しながら、
日々陽射しが明るくなってきました。
いつもとは、何だか違う今年の冬。
それなりに、最低気温は低いので、
連日しばれてはいるのですが。
これから1週間程は、最高気温がプラスの予報です。

 

 津軽の雪は、
単なる雪ではなく、半島に吹き荒れる風雪という
強風を伴った地面から吹き上げてくる雪です。
その風に出合ったら、あまりの吹雪に、
もしかしたら、人生観が変わるかも知れません。
津軽三味線の叩き奏法も、
そういう厳しい風土から生まれた奏法です。

 

風土が人をつくり、
風土が、音色を創り出す。
津軽は、そういう処です。wine

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

« 我が町 | トップページ | イルミ準備報告 »