« 「津軽の女」 | トップページ | ストーブとスコップ »

2017年12月 1日 (金)

闇間に輝く光

みなさま、こんにちは!

日中でも降り続く雪が視界を遮り、時より白い闇が周囲を包むそんな時期がやってきました。
雲間には、青い空が見えていてもすぐさま天気は移り変ります。

レンタカーをご利用する計画のある旅人の皆様、少しでも雪がちらちらしてきたら、日中でも車のライトをつけることをおすすめします。

終日雪予報でも、少しだけ太陽が顔を見せてくれる時があります。
このタイミングを逃さずに、皆が外に出て雪片付けを始めます。
夏場よりも、雪が降る期間の方がご近所様との会話が多い人もいるかもしれません。
雪という共通の話題、同じ気持ちで待つ春。

そんな中、イルミネーションイベント「~雪と光のページェント~」の準備が本格的に始まりました。

星に願いを、
月に祈りを、
出逢えた大地に感謝を。
どこまでも降り積もる雪と
小さな光の輝きは、
迎える春へのプレリュード。
2018年 冬。
太宰ミュージアムは、厳冬の芦野公園から
「光をまとう雪のぬくもり」をお届けします。

開催期間は2018年2月5日~12日です。
イルミネーションの点灯時間は17:00~20:30を予定しています。

みなさまのご参加をお待ちしております。
~雪と光のページェント~http://www.kanagi-gc.net/#snowandlight2018

(PR)津軽三味線会館
(PR)太宰治記念館「斜陽館」
(PR)喫茶店「駅舎」
(PR)かなぎ元気村「かだるべぇ」
    http://www.kanagi-gc.net

Check

« 「津軽の女」 | トップページ | ストーブとスコップ »